認知度の高い精神疾患|うつ病の基礎知識を徹底解説

女の人
  1. ホーム
  2. 良い病院を探すコツ

良い病院を探すコツ

聴診器

受診前にできること

うつ病になったら病院へ行ってきちんと治療を受けたいものです。外へ出る気力もなかなか湧いてこない中、病院へ足を運ぶのはとても勇気がいる第一歩です。頑張って病院へ行くのですから、行ってからがっかりするようなことはなるべく避けたいし、良い医者に巡り会いたいと考えます。病院へ行くのに疲れてしまっては余分な精神力を消耗してしまいます。そうならないためにも、しっかり病院を探すことが重要なのです。では、どのように病院を選べばいい少しでも早くうつ病を治すことができるでしょうか。まずはホームページで精神科や心療内科の担当医師のページを見て、どのような経歴かを確認すると良いでしょう。ホームページでの紹介は、医師にとっては自分の得意分野を紹介するページでもあります。これまでの実績や、専門的な資格も持っていれば記載されていることが多いので、自分が診察してほしいイメージと近い経歴のドクターを探してみましょう。うつ病はプライベートな話も多くなるかもしれないので、女性の場合は女性のドクターを希望する方も多いですよ。話がしやすい方が治療も順調に進むかもしれないので、あらかじめ女性のドクターを探すのも手です。他に家でできることといえば、病院へ電話をかけてみることです。うつ病に特化しているか、どのような治療をしているかなど、まず電話をしてみたときにどのような応対をする病院なのか知ることができます。治療に通うとしたら、薬の事で困ったり、緊急時に電話したりということがあるかもしれません。そのようなときに感じの悪い看護師さんや受付の人にいい加減な回答をされて嫌な気分になるような事態は避けたいものです。病院へ出向いて診察を受ける前に、電話で少しドクター以外のスタッフとも会話してみて、感じが良ければ通ってみるというのも良いのではないでしょうか。意外とホームページでは専門的なように書かれていても、ドクターが変わっていて現在は診察できなかったり、もしくはホームページでは分からない不安なところを詳しく教えてくれたりと、気分がスッキリすることもあります。他には口コミも参考になるのではないでしょうか。口コミは主観ですから人によってもちろん違いはありますが、実際に足を運んだ方の意見が聞けるのが良いところです。自分の希望が薬を中心に治療をしたいのか、とにかくゆっくり話を聞いてほしいのか、人によって希望する治療も様々です。口コミの内容で自分が受けたい治療のイメージに合った病院を受診すると、希望とマッチする確率が上がるでしょう。心が疲れているときに、少しでも早く自分に合った治療が受けられようにきちん探すようにしましょう。