認知度の高い精神疾患|うつ病の基礎知識を徹底解説

女の人
  1. ホーム
  2. 病院の受診時のポイント

病院の受診時のポイント

ウーマン

正しく伝える

病院に行って診察を受ける場合は、出来るだけ正しくうつ病かどうかを判断してもらう必要が有るため、その症状をなるべく正しく伝えると言うのが重要になって来ます。とはいえ、病院に行くと正しく言えなくなってしまうことも有るので、まずは自分の症状を紙に書きだすと言うのも一つの方法です。その時は今の症状だけでなく、いつから症状が出ているかも合わせて書くようにすると、より詳細を伝えやすくなります。実際に病院に行くと、問診票等も書く為、症状について書いた紙を用意しておかなくても診察を勧める事は可能です。しかし自分の心の内側を有る程度伝える必要がある為、より正確に相手に伝える為にも症状を書きだしておきます。また、自分の事を良く知っている人に一緒に行って貰える様にすると、自分の日頃の様子を客観的に伝えてもらいやすくなります。自分だけだとどうしても主観的に物事を判断してしまい、結果的に事実を詳細に伝えにくくなってしまうことも有るからです。その点自分のことを良く見ている人に一緒に行ってもらえれば、客観的な症状を伝えて貰いやすくなる為、より医師に正確に把握してもらいやすくなります。さらにそれ以外で重要な事は、うつ病を発症する前の状態もできるだけ伝えるようにすると言う事です。うつの症状は色々と有りますが、その症状と普段の様子を比べてどの様になっているかを知ることによって、より医師は正確に診断できるからです。これに関しては自分がメモ書きとして持って行く事も出来ますが、一緒に行ってもらった付添の人に普段の様子を伝えて貰う方法も有ります。そうすれば、付添として来てくれた人から見て、普段とどの様に様子が違っているかという事は勿論のこと、以前との違い、さらに調子が良い時と悪い時の様子も把握しやすくなります。実際にうつ病の治療の為に病院の行く場合は、なるべく状態を正確に伝えると言う事が重要になって来ます。これは他の病気や怪我等体の不調で病院に行く時も同様ですが、特に心という見た目では分からない部分の病気の場合はその正確さで結果が左右する事も少なくありません。また、受診する時は勿論一人で行く事も出来ますが、本人がうつ病と認めたくない場合は受診自体を嫌がってしまうことがあります。ただ誰かが一緒に行ってくれるとそれだけで気がまぎれると言う事も有るので、一人で行く事にこだわらず、付添の人についてきてもらう方が良い場合も多々あります。また付き添いの人も一緒に話を聞けば、うつ病に対しての理解を深めることにもつながり、結果的にうつ病の治療がスムーズに進みやすくなるメリットも有ります。