認知度の高い精神疾患|うつ病の基礎知識を徹底解説

女の人
  1. ホーム
  2. 意外と知らないストレス

意外と知らないストレス

悩む人

正しい理解で治そう

うつ病の原因は基礎的知識の一つですが、実は誤解されていることが多いです。うつ病の原因が、職場での人間関係や家庭の雰囲気が悪いといったストレスにある事は一般的に知られています。しかしストレスには四種類あり、その全てに気を付けなければ知らないうちにストレスが溜まってうつ病になる可能性があります。人間関係やトラウマに対するストレスは、精神的ストレスです。精神的ストレスのせいでうつ病になるという事例は、話題性があるためメディアに報道されがちですが、実際には他のストレスも関係しています。二種類目のストレスは、構造的ストレスと呼ばれるもので、体の歪みが体に負担をかけているのが原因で発生します。代表例は、背骨が歪んで猫背になる事や、顎が歪んで外れるようになる事などです。他にも骨盤や、頭蓋骨さえ歪むことがあり、うつ病患者には頭蓋骨が歪んでいる人が多いと言われています。こうした構造的ストレスは、知らないうちに体に負担をかけ、内蔵を圧迫していますが、このストレスを抱えた人もこれに気づきにくいので、放置してさらに歪みが増えていくという悪循環が起きます。三つ目は環境のストレスです。特に天気に対するものが多く、湿度が高いことによる不快感は精神的ストレスではなくこちらに分類されます。気温変化が多い時には気をつけていても風邪をひきやすいのは、まさに体に負担がかかっているからです。四つ目は化学的ストレスです。これには二つ意味があり、一つは化学物質による汚染で、刺激臭や光化学スモッグといった現象から体にストレスがかかるという意味です。二つ目は体の中に、鉄分や亜鉛など必要な栄養素が不足していることで人体に負担がかかるという意味です。うつ病の原因として特に重要視されているのは後者の栄養失調で、これは栄養素の補給が足りていない可能性と補給は足りていても内蔵の働きが弱っていることで十分に吸収できない可能性があるので厄介です。以上のように、一口にストレスと言ってもその要因は多岐に渡り、それぞれ別の対策が必要となります。精神的ストレスは、精神科や心療内科でのケア、自宅療養や抗うつ剤を用いて無くしていきます。構造的ストレスは整体で直せますし、環境ストレスは服装に気をつけたり、化学的ストレスにはサプリメントや栄養の偏りのない食事で対策できます。こうした原因と対策があるにも関わらず、精神科での診断では精神的ストレスの指摘が多く、逆に他の可能性まで言及してもらえることは少ないです。患者はうつ病に対する先入観を捨て、様々な要因の可能性を探るようにしましょう。