認知度の高い精神疾患|うつ病の基礎知識を徹底解説

おや?と思ったらうつ病診断
悩む人

意外と知らないストレス

うつ病の原因となるストレスは、精神的の他に3つあります。しかし先入観により、精神的ストレスのみが原因だと錯覚することが多く、他のストレスへの対策は疎かになりがちです。うつ病を治すために、体の歪みや栄養にも気をつけましょう。

ナース

大人のサポートがより必要

学校でのトラブルや家庭の事情などから子供のうつ病は中学生を中心に急増しています。見過ごされることが多いですが、初期症状は身体にあらわれやすいのでそのサインを見逃さないことが大事です。おかしいなと感じたらこども病院でも相談可能です。

精神疾患の予備知識

カウンセリング

発病した時のために

日本人の2割の方が精神疾患になりやすい体質と言われており、中でもうつ病になってしまう人が毎年増えてきています。現在の医学では、うつ病が起こる原因を完全に解明できているわけではありませんが、ある程度発症の要因は絞り込めているようです。最も有力視されている原因はストレスで、男性と女性によってストレスの溜まり方が異なるので、男女ごとに原因が違ってくると言えるでしょう。男性の場合、30代前半〜40代後半の働き盛りの時期にうつ病になりやすいと言われており、精神的ストレスや肉体的ストレスを溜めないようにしなければいけません。そのくらいの年齢になると、仕事で責任感が問われるポジションを任せられたりして、無理をしなければいけないという重圧に追われます。又、結婚して子供が産まれ、家庭を守らなければいけないプレッシャーも押し寄せてくるので、他の年齢層の方よりもストレスが溜まりやすくなるようです。女性の場合、年齢はあまり関係ないと考えられており、脳の使い方が器用な性別なので、男性よりうつ病になる確率が高いと言われています。但し、結婚前と結婚後ではストレスの溜まり方が若干異なるため、一概に年齢が関係ないとは言い切れません。女性は、シチュエーションに応じて役割のスイッチを自然に切り替える習性があるため、普通に生活をしているだけでストレスが溜まっていきます。うつ病になってしまう要素が全くなくても、発症してしまう可能性が高いので、気分転換を定期的に行う必要があるようです。予備知識を付け、注意していてもうつ病になってしまうことはあるので、もし発症したら誰かしら付き添いを連れて病院へ行きましょう。発症しているかどうかを正確に調べてもらう必要があり、自身で気が付かないこともあるため、自己判断で放置してはいけません。初診では様々なことを質問されますが、誤りがないように答え、正確な診断を医師に委ねるようにしましょう。但し、医師と意思疎通しないパターンもあるので、受診前の病院選びからしっかり行わなければいけません。治療を行う上で大切なのは、意思疎通できる優れたパートナー(医師)を見つけることなので、病院の下調べを徹底するようにして下さい。又、病院の情報だけでなく、医療系のレビューサイトで通院されている方の評価も確認し、事前の準備を怠らないようにしましょう。うつ病は恐ろしい精神疾患ですが、正しい方法で治療を行えば回復に向かっていくので、発症したとしても諦める必要はありません。

聴診器

良い病院を探すコツ

うつ病を発症して治療を行う場合、なるべくよい病院に通うために病院選びが重要となります。ホームページで医師の経歴や専門性を見たり、電話をかけてどのような応対をするか確認したり、口コミを見ると自分に合った病院を見つけやすいでしょう。
ウーマン

病院の受診時のポイント

うつ病で病院を受診する時は、出来るだけ詳細に症状を伝える為に症状・発症した時期などを書きだした物を持って行くようにします。また一人で行かずに誰かに付き添ってもらうと、医師に普段の様子と症状が出ている時の様子を客観的に伝えてもらえます。